次のアクションを導く充実のレポートweb usertest report

次のアクションを導く充実のレポート

WEBユーザーテストを実施し、WEBユーザーの動作や発話、インタビュー内容を確認すると、「そしてどうすれば?」という状態になりませんか?
ON Searchのレポートは約50-60ページ(3人の被験実施時)にわたり、各被験者の主要な動作・発話を拾い出し、動画の該当箇所と紐づけて報告をします。またサマリーレポートにおいて、ユーザーテストの結果からのWEBサイト課題、改善ポイントの概要を指摘し、そのWEBサイトに対して次にどのようなアクションが必要であるかの重要な情報をお渡しします。

レポートサンプルreport sample

サマリーレポート

WEBユーザーテスト実施の結果、様々な性質の事象が数多く抽出され、これらの事象を性質別に取りまとめていく作業には多大な労力が必要です。サマリーレポートでは、発見された事象を「効果問題」「効率問題」「満足度問題」に分類し、それらの事象からWEBサイトの課題、改善ポイントを指摘します。

タスク行動分析

各被験者の各タスクごとに、動作、発話のファクトを抽出し、テスト動画のシーンとの紐づけを行っています。
レポートに記載されたファクトの中から重要だと考えられるシーン確認することで、全ての動画を見なくても、効率的にテスト結果を確認することができます。

ページ閲覧分析

主要ページの閲覧分析レポートでは、視線動向データの画像もレポートに添付をします。
WEBユーザーがそのページをどのように見ているのかを把握するのに重要な情報です。

ユーザーテスト分析・改善チェックポイント

各テスト毎に観察されたファクトから、WEBサイトの改善チェックポイントを報告します。通常のWEBサイトのPDCA活動において既に持っている仮説と照らし合わせて、WEB改善策を決定していくための材料となります。

お問い合わせ

ユーザーテストのお問合せは下記からお願いします

電話でのお問い合わせ/053-545-5105(月〜金/9:00〜18:00)